山梨 静岡

初 富士登山ガールになりました 2

2019年3月1日

初めて富士登山をする方が知っておくと役立つ登山ルートをさっくり解説!

私が利用したのはフジメイトトラベルからの「吉田ルート ガイド同行 8合目宿プラン」

プラン基本情報
・東京駅または新宿⇄富士山5合目スバルライン間の送迎バス付き
・最大17名の参加者につき1名のガイドさん付き
・女性専用というプランです。

12:00 登山開始

5〜6合目は気分が高揚していたこともあり、あっという間に通過。
に対して、7合目は心なしか距離が長く感じました。

最初は砂利道が続き、気付けば岩場の道が続きます。

休憩は小まめに取ります。
水はどのくらい飲めば良いのか、塩分補給の大切さや、お喋りしながら歩けば高山病予防!などなど、
ガイドさんより登山のノウハウをたくさん教えてもらえました。
そのお陰で、特に高山病にも体調が悪くなることもありませんでした。

8合目の終盤にある石の階段を登れば、宿泊する山小屋に到着です。
ゆっくり登り始めてから約5時間かけて到着しました。

山小屋からの景色

山小屋からの景色

19:00 就寝

山小屋でカレーを食べてから、深夜出発のための仮眠をとります。
この状況が、雑魚寝。
寝るのに手こずり、1時間寝れたと思えば、寝られない。という状態が続きました。

山小屋のお部屋

隣の人と近距離での仮眠。
敷布団ひとり一枚ではなく、大体5分の4ほどスペースが一人ずつ割り当てられます。
そのため参加者の皆さんも寝たり起きたり、寝られなかったり。を繰り返します。
この状況なので、みんなで一緒の境遇です。

途中で、屋根が吹き飛ぶほどの暴風雨の音に驚いて起きたり、
トイレに行きたいけど、隣の人を起こさないか心配で動けない…
という状況が続きましたが、気付けば寝ていて深夜でした。アリガタヤ

0:00頃  悪天候のため山頂行きは中止との連絡が。

山頂は行きたかったのですが、この状況で山頂に行けても、
ご来光も見えるか不確かとのことでガッカリしながらも山頂は断念せざる終えませんでした。
でもしょうがないのです。自然だもの。

0:00 深夜出発から朝5:00起床に変更

この環境であと5時間も寝られるかーーーー!!!!
と思っていたら、みんなで寝てられました。
疲れが効いたのでしょうね。助かりました。

起きると雨風が、さらに凄いことに!!!
夏の登山でしたが、ニット帽あっても良かったな。
日常使いのサングラスよりも、
マラソン用のサングラスを持ってくればよかったなと後悔。

横殴りの雨に、ヨタるほどの風に自然を体感。
これで本当に下山するのかという天候で皆さん心配の様子でしたが、
ガイドさんからは慣れた様子で、
「危ないので崖には近寄らない。」
「下山はかかとから、リズミカルに。」
「転ぶ時はお尻とバックパックに持たれるように。」とアドバイスを頂戴。

「大丈夫、大丈夫、なんとかなりますよ。」とは言われません。
「骨折者も出ている。危ないのでしっかり気を引き締めるように。」
と忠告を受け、
正直ビビりましたが、
そのためにガイドさんは眼をしっかり光らせて参加者をサポートしてくれます。
その姿勢はとても心強かったですね。

「自分で降りられない山には登らない」

クライマーの常識とのこと。
そりゃそうだな。と体感しました。
山の中には馬がいて、
馬の力を借りながら下山も可能その際の費用は3万円。

そうです、自分で下山しましょう。

途中、緊急搬送用の車が通りましたが、この天候の悪さでは十分あり得る事みたいです。

外国人の強さ

完全フル装備の私たちと比べて、
途中ですれ違う海外の方はスニーカーにハーパンという軽装の人達も。

なっ、なんなんだ、貴方たち。
という驚きな人たちとのすれ違いも楽しかった一つでした☺︎

天気が悪い時に観察できる「笠雲」を代わりに見ることができました。
大きく立派な形で、珍しいとのこと。

笠雲の写真

8:30頃 下山完了

登山開始頃と比べると、一回りもふた回りも図太く強くなった私たち。

ちょっとやそっと、滑っても
「キャッ♡」という根もあげず、たくましく下山し続け、
ついに5合目スバルラインに戻ることができました。

山頂、御来光は見られなかったものの、
達成感に満ち溢れる気持ちに。
山頂目指して各個人また挑戦するのではないでしょうか?☺︎

お迎えのバスが11時頃に到着。
それまで着替えなどをして大広間で待機です。

12:00 温泉着

ツアー団体客が一斉に押し寄せるので、混みます。
時間をずらしても別の団体客が来るので、着いたらすぐに温泉に向かうのがおすすめです。
併設されたレストランでお昼も済ませました☺︎

14:00 山梨県出発 15:30 東京駅

本当にあっという間でした。
一生に一度は登って見たかった富士山。
本当だったら山頂まで行きたかったのですが、何かの縁ですかね。

登山ノウハウもガイドさんより教えて頂いたので、
次回は個人で登ってみようかな。

良い富士登山を体験してください!☺︎

-山梨, 静岡
-

© 2020 hitoritabi