初 富士登山ガールになりました。

初 富士登山ガールになりました。

思い立ったが吉日!

人生で一度は富士山に登ってみたいですよね。

*去年の登山経験をもとに、メモ書きとして記載

日常生活に刺激を!


と思い立ち2日前に初心者 吉田ルートツアーを予約。
この時利用したのがフジメイトトラベルから出ていた
「初心者  吉田ルート 8合目宿」を利用
  • 女性お一人様歓迎
  • バスや山小屋就寝時は女性と隣同士
  • 女性専用更衣室あり
 
が特徴なので、
大学生〜50代と幅広い女性がお一人様で参加。
 

7:20分  東京駅出発
             バスのお隣さんとお友達に(^^)
             途中、新宿駅組と合流
 
5合目スバルラインに到着後は
他の団体客および個人登山組で休憩所はごった返し。
 

身軽で行きたい方へ

帰路の際、「え?いま富士山登ってきたの!?」と思われたい方には
フルレンタルがオススメ♡

ウェアから登山靴まで、全て新品のように
とっても綺麗な状態でレンタル出来ます。

その日は豪雨でレインウェアからザックから何までびちょびちょになったのですが、
ビチョビチョのまま返却!終わりっ!!と出来ていたのは、
濡れたザックを持って帰る私としては羨ましかったです。

 

何を着たらいいの〜?という方へ。

私が登山した日は台風。
富士山にも影響があり、
その週(月〜水)はだれも登山客はいなかったとか。
 
その天気の中、持って行ったものは↓↓
  • 化学繊維のインナーシャツ(ユニクロのサラファイン)
  • 通気性が良いスポーツ用のロンT
  • ナイロン製の薄いウィンドブレーカー
  • ウルトラライトダウン
  • レインウェア
  • 帽子
  • サングラス
  • 登山ブーツ
  • 靴下 
    慣れない登山靴で靴擦れをしない為にも、スキー用のような厚手の物がおススメ。
    厳しい環境下、駆使される脚を支える靴下は
    縁の下の力持ちで大変重要です。
  • ワセリン 
    靴擦れしそうな箇所に最初から塗っておくと靴擦れ予防に効果的
  • 水500ml x 3本 
    特にペットボトルがくしゃっと潰しやすいいろはす等がおススメ
    登山中の水は200円〜500円します!
  • 飴やしょっぱいお菓子
  • ウィダーゼリー x 2 
    おにぎりなど良く噛まないといけないものより、
    サクッとエネルギー補給できる小物がおススメ。
    起床時間が早かったり、生活リズムが崩れるので、
    小腹が空いた時にも活躍します。
  • 軍手と水500mlはツアー参加者へ支給してくれましたが、
    岩場を通る道での軍手は特に必需品です!!
  • 帰りに温泉入浴が付いていたのでその為の着替え
  • 欲を言えば、もう一枚長袖があればよかった。 
    帰りのバスを待っている最中、極力着替えはしたが、
    雨で全ての防寒着が濡れてしまった為。
 

山小屋は

 
寝る場所を上下で区切られた「雑魚寝」スペースだと
思い期待はしないこと。
「廊下では?」と思うスペースにも
「雑魚寝スペース」がびっしりと用意されています。
 
トイレも屋内ではなく、小屋のすぐ外に設置されており
宿泊者でも200円の使用料が必要。
流すのは付属の水鉄砲のような流水ガンにて。
 
手を洗う水は、ほぼ出ないです。
コンタクト愛用者は、石鹸も水も無いので、ほとんどの方が付けっ放し。
一度登山を開始したら、石鹸もあってちゃんと水が出る環境へ戻るのは
下山後の温泉の時でしょうか。
 
手洗い石鹸はありませんが、5合目スバルラインの休憩所。
この休憩所では登山客で賑わっているので、
ゆっくり手洗い場を独占する余裕はないかも。
 
しかし登山時はサングラスをかけた方が良いので、
メガネの方は度付きサングラスが良いかもしれませんね(^^)