誰でも出来る日本全国一周の旅への準備

誰でも出来る日本全国一周の旅への準備
  • 毎日のルーティーンな生活にもっと刺激が欲しい。
  • 今は時間がないけど、いつか旅に出てみたい。
  • いきなり旅立つのはちょっと不安・・・

と思っている人にオススメなのが、その時がくるまで準備をしましょう!ということ。


実際に日本国内で旅をしている自分を想像してください。

  • 本格的にテントを張りますか?
  • ヒッチハイクをしますか?
  • ユースホステルで旅仲間と情報交換をしますか?
  • 次の行き先はどうやって決めますか?

これらはどれも「THE旅人!」って感じがしてなんだかワクワクしますよね。でも、旅をする方法はこんなにガチじゃなくても良いはずなんです。


この定番方法(固定概念)から脱却して新しい方法で日本一周をする準備が出来ます。


この提案は以下のような人のため↓

  • 野宿やテントでは寝付けないデリケートな方
  • 生きて帰ってこられるか心配な方
  • ワクワクは好きでも終始一人では心細い方

旅人ってなんだかカッコイイっていうイメージがありますよね。 困難な状況や新しい環境に飛び込んでいって自分探しの旅をするというか。。 「旅をしてました」や「旅に行ってくる」は無性になんだか「おおおおお!すっごいなあ!!!」という反応をしてしまいます。


しかし、旅に出たくっても「まるで自分は自然と一体化しているようだ。。。」みたいなスタイルはちょっと怖いから自分には無理だろう・・・と思っている人は多いですよね。

何も旅をするのに型にハマる必要はありません。

みんな違ってみんな良い。うん、その通りです。

大切なのは、「やりたいこと」をするためにどうすれば良いのか。

重要なのはどれだけ自分が住んでいるところ以外に知り合いを増やせるかです。

実は私もこの方法で旅に出る準備をしています。

その方法とは、


お休みの日に、地方旅行へ行くだけなんです。

それも「移住体験ツアー」に参加するだけで実現できちゃいます。

「移住体験ツアー」とは各都道府県の自治体が主催しているもの。期間は日帰りから長いもので半年なんてものもあります。

これらツアーの最大の目標は「移住してください!」なのですが、急に移住なんて無理。という私たちのことを各自治体も理解しています。

なのでまずは「関係人口を増やしたい」という目標に多くの自治体もスイッチしてきているのが最近の傾向です。


「関係人口」とは。

その自治体を気に入ってくれて、関係構築をしてくれる人たちのことです。

例えば、

  • 地方フェアでブースのお手伝いをしてくれる人
  • 再度、旅行で足を運んでくれる人
  • ふるさと納税で貢献してくれる人などのこと

友人に「この前こんな所行ってさ~結構良かったんだよ!」と話すだけでも良いのです。

知名度の低い自治体はかなりあり、観光客どころか名前すら知られていない地域が多いのが現状。

しかし実際にそんな所へ行ってみると、なんとも温かみのある人柄と町並み、壮大な景色で溢れかえっています。


参加するメリット

  • 地元民と知り合いになれる
  • 町案内をしてくれる
  • 費用が安く済む

その中でも一番のメリットは、地元民と知り合いになれる。ということ。

これって結構すごいことなんです。

地方の方の中には、新しい人を迎え入れることに抵抗を感じている人もいます。そんな地域の中に、自治体の人の仲介があるからこそすんなりと入っていけるのです。


地方では「すごい経歴があるか」というよりも「誰を知っているか」が重要です。

これを聞いたら、一人で突撃していくよりも知り合いを介したほうがもっと良いということが分かりますよね。

そんな「現地の知り合い」を簡単に増やしていける方法がこの移住体験ツアーへの参加です。


仲間意識の強いところへ、現地の自治体の人の仲介があるからこそ、スムーズに受け入れて貰えることができる。そして、地元民の視線から町案内までしてくれるので、次に来たときに地理感覚やその土地の文化の感覚を生かすことが出来ます。

これは一般的な旅行ツアーや観光ガイドブックからは得られない、そこに住んでいる人からしか得られない生の声や体験です。


そんな頻繁に旅行に行くお金はない!という方へ。

自治体主催企画のため、ツアー参加費が低く抑えられます。

主なタイプは、

  • 現地への交通費は参加者負担。しかし、参加費や旅費は無料
  • 参加費は徴収だが交通費補助ありなど。

どちらにしても普通に旅行で行くよりもお得に過ごせます。


デメリットは・・・

  • 自分の時間がない

その地域を学びに行っているので、常に自治体の方が町案内をしてくれたり、地元民との交流会を企画してくれたりします。部屋も相部屋ということが多いので、一人になれる時間はあまりありません。

でも心配するようなデメリットでもありませんよね!?

旅に出るためには人とコミュニケーションを取っていくことが大切。移住体験ツアーにはいろいろな人が参加してくるので、自分と異なった意見を持っている人と会うととても刺激的ですし勉強になります。なにより初めて会った人と話し続ける練習にもなります。


ここで注意してほしいことは、「関係構築をして欲しい。」という自治体の期待に自分なりに応えてあげること。

その土地で生まれ育ち、その地元愛で溢れている人たちの気持ちを汲み取ってくださいね。


ワタクシの準備経過と共にまた近況報告していきますので、みんなで楽しくちょっとゆるっとした旅出発を目指してさっそく準備していきましょう!

この経験を通じて日本の中の中を体感できる良いチャンスでもあり、日本をもっとよく知るきっかけにもなって、今後の人生さらに充実して過ごせる人が増えますように!

次回はどうやって「移住体験ツアー」を見つけるのか。その方法についてお伝えします!

ブログ購読してくださった方には、良い移住体験ツアーが見つかり次第随時お知らせしますね!