岩手

【盛岡】ひとり旅で実際に行ったおすすめ観光スポット厳選3!

2020年10月23日

最大の面積と溢れんばかりの風土!

本州一大きなサイズを誇る岩手県。観光名所は岩手県全域に広がっています。
そんな岩手県の県庁所在地盛岡のここだけ行けば大丈夫!穴場おすすめスポットをご紹介します!

もくじ

  • 盛岡に初めて行く方
  • ひとり旅で行きやすいところを探している方
  • ここだけ行けば大丈夫!な所に行きたい方

盛岡観光基本情報

盛岡駅周辺に観光スポットはなく、駅を境目に観光スポットが分かれています。
どこもほぼ盛岡駅より徒歩15分以上。
観光スポット周遊バスや市営バスも頻繁に通っているので、バス利用がベター。
歩きに自信がある方も、歩きすぎての疲労に注意です☺︎

No.1  もりおか歴史文化館

春には桜が満開になることで人気の盛岡城跡公園
盛岡出身の石川啄木が、学校を抜け出してよく来ていたと言われています。
お城はなく石垣のみが残っており、のどかな広い敷地の公園という感じ。

盛岡城跡公園

観光地としてあまり知られていない穴場でありながら、
盛岡で一番テンションが上がったおすすめスポットは、盛岡城跡公園内の敷地にあるもりおか歴史文化館

1階では盛岡秋まつりの山車、盛岡さんさ踊りなどの盛岡文化を学べます。(入館無料)
観光情報センターとしても機能しているので、一度立ち寄ってみると役立つことでしょう☺︎

おすすめは2階!
300円の入場料がかかりますが、盛岡の歴史を間近で学べる施設となっています。
盛岡城築城以前から、戦国時代の盛岡の様子、
南部家のゆかりの名品や立派な甲冑など、とてもカッコいい品々が展示されています。

館内はシックでモダンな雰囲気が漂い、とても綺麗でスタイリッシュ。
展示の仕方にも工夫を凝らしており、観光客も少ないのでゆっくりとした時間を過ごせることでしょう☺︎

もりおか歴史文化館

もりおか歴史文化館基本情報

盛岡駅より徒歩20分
または盛岡駅東口よりバスあり。

開館時間
9:00~19:00(2階最終入場は18:30)
〜18:00まで(11月から3月、2階最終入場は17:30)

休館日
第3火曜日
年末年始

入場料
1階無料
2階大人300円
百名城スタンプもここで貰えます。

No.2  宮沢賢治ゆかりの材木町

宮沢賢治の注文の多い料理店を出版した光原社があることで有名な材木町。
宮沢賢治の銅像もあり、ファンが多く訪れる場所です。
伝統工芸品を扱うお店が揃い、趣深い雰囲気が漂います。
小さな喫茶店でお茶をする人、静かに読書をする地元の方に出会うことができるでしょう☺︎

材木町

そのなかでもオススメが夜市
毎年4月から11月の期間限定。毎週土曜日15時頃から18時半頃まで。
タイミングが合う方は行くべきイベントです!
地元の方による野菜販売や、お惣菜、ビールなど、盛岡市民が一気に集まるイベントで盛岡気分を味わえます☺︎!

No.3  岩手銀行赤レンガ館

明治時代1911年に岩手銀行として開業し、2012年まで支店として活躍していました。
象徴的な赤レンガですが、当時は白色。
公開施設としてリニューアルする際に、赤く塗装され今では盛岡を代表する観光スポットとなりました。

注目ポイントは、東京駅を建築した辰野金吾さんによる作品ということ。
そのため、そことなく東京駅のデザインと似ています☺︎
辰野金吾さんが設計した東北地方に唯一残る作品で、これも人々を魅了するポイントの一つ。

岩手銀行赤レンガ館

基本情報

盛岡駅より徒歩25分
または盛岡駅よりバスあり。

開館時間
10:00〜17:00(入館は16:30まで)

休館日
毎週火曜日、年末年始(12月29日〜1月3日)

入場料
大人300円
一部無料閲覧スペースあり。

まとめ

盛岡には戦後時代など、教科書に乗っているような歴史から、
宮沢賢治や石川啄木など、現代にも愛される著名人の歴史にも溢れています。
見所がたくさんあるので、盛岡駅周辺の観光スポットをほぼ制覇するには1日半が必要ですよ☺︎

-岩手
-

© 2021 hitoritabi