【広島】話題のスポット:尾道の街と寺を練り歩く

【広島】話題のスポット:尾道の街と寺を練り歩く

頭の良い街:尾道

文豪の旧宅があったり
俳句が石に彫刻されていたり
○○ゆかりの地♡
ネコがたくさん!

とか言われても
ハッキリ言ってピンとこない。。

「尾道」←おのみち
って聞いたことあるけど
実際は何者?って人に向けて
穴場スポットに絞ってこの記事を書きました☺

結論

尾道にとっても美味しいクロワッサン屋があったよ!!!
まだメディア掲載されていないので
公共電波初となるかもしれない
ワタクシ溺愛のお店をご紹介するので
最後まで見てちょ☺

美味しい物の前のちょこっと知識

その名も尾道(おみちじゃないよ)

尾道駅前の写真
▲尾道駅前

文豪的なインテリ雰囲気が出ている尾道だけど
駅は近代的☺

瀬戸内海に浮かぶ島々に行くための
バスもここから乗車が可能

駅構内にあるコインロッカー(1日400円)よりも
駅前スグのコインロッカーのほうが100円安いよ!

尾道にはCAFEが流行っている写真
▲尾道はCAFE開拓が盛ん

観光ブックには溢れんばかりのカフェ情報
最近、カフェや小さなお店の出店が相次いでいて
「尾道がいまキテル!」
とわいわいお祭り騒ぎ

観光ブックの情報は参考程度に
自分の直感を頼りに
気になったお店にドキドキしながら入ってみるのも
旅を楽しむためのポイント☺!

古寺めぐりコース

駅構内の観光案内所の方にオススメされた古寺めぐりコース

整備された石畳に沿って歩いて行けば
自然とゴールを目指せる
NICEアイデア☆彡

地図解読に悪戦苦闘せずに
さくっとストレスフリーでお寺巡りが可能

お寺めぐりルートの石畳の写真
▲こんな石畳の上を歩けばOK

全体的に女の子同士で古寺めぐりしている人達が多く
ネコの細道では写真撮影に夢中になっている子たちがわんさか☺
みんなネコ好きなのね

スタートは持光寺から

持光寺(別名:あじさい寺)本堂の写真
▲持光寺(別名:あじさい寺)本堂

600年もの間、元気に25mの長さの枝を伸ばしていた老木
平成10年に白い花を咲かせたのを最後に枯れてしまったんだとか

▲西の極楽浄土のシンボルとして親しまれていた

生きているものはやがて老い、常に栄えているわけではない

というメッセージをここで見て感じることが出来ます
だからこそ、いまある時間を大切に
という裏メッセージを読み取り
妙に名得して次に進む

細い道の写真
▲裏路地散策をすると小さなCAFEにも巡り会える

尾道の石畳みとそれを囲むお家たち
植物の生え方の何から何まで
いちいち絵になるクオリティの高さ

多くの映画の舞台となったこともあり
見たことがあるようなアニメーションの世界が広がります

観光スポット寺:千光寺

尾道の観光スポットとして上位にランクインする場所
それがここ千光寺

大昔に
遠くから分かるほど光る玉がお寺にあったらしい
それが千光寺の名前由来になったとのこと

残念ながらその玉は海底に沈んでしまって
「今はありません!」状態になっているんだけど
光る玉が乗っていた大きな岩玉の岩は見ることが可能

千光寺展望台まで続く石階段の写真
▲展望台まで続く石階段

ロープウェーを使って上まで行くことも可能ですが
機械を使って上に行くことに
対抗意識を燃やす傾向があるため
歩いて登ることに

が、しかーし!!!
今回ばかりは機械を頼りにすれば良かった-!

なぜなら、前日の弥山登山で
膝がピキピキしてるんだわさ

「この人、こんなにスポーツ系の格好してて
階段登るの/下るの遅っ」
っていう感じ

平然を装うけど
明らかに歩き方はギクシャクしてるし
尾道一帯は坂道/階段のオンパレードで
登山後の尾道散策はオススメできないかも

千光寺からの眺めが一番見渡せる

千光寺から見える景色の写真
▲尾道大橋までもくっきり見える
千光寺展望台の写真
▲千光寺展望台

千光寺本堂からもう少し上がると
展望台へと続きます

線路をくぐりまーす

尾道にきてビックリしたのが
線路と居住空間が近いということ

目の高さに線路きちゃったよ!
って尾道では何回も経験すると思います
もうタッチできちゃうほどの
目と鼻の先の距離感

線路下を階段で下がるパターンが
よく見られるので
電車通ってるときに

線路と同じ目線で電車通過を見てて
何か飛んでこないのかな・・・と
起きなかった事態を心配してみる

線路が目の高さにくる時の写真
▲電車通過中注意?

眺めが良い西國寺

西園寺の門の写真
▲西國寺 山門

巨大な仁王像が立っている山門に、それまた巨大な草履
仁王像にあわせて全長2mもの大きさで作られていて
それはそれは圧巻の迫力

「脚が健康でありますように」に効く山門です

春は桜並木になる石階段の写真
▲春は桜並木になる石階段

でっでたー!階段!膝注意報!
きちんと整列された階段は見事な美しさ

西國寺の金堂と三重塔の写真
▲金堂と三重塔
力比べに利用された力石の写真
▲力石

尾道ははるか昔から港町として栄えていました
そこには荷物の上げ下げをする
力自慢がわんさか
力比べにこの重たーい石を持ち上げてたとか

この石、本気で重いので
腰注意報!

西國寺から下りてくるときの景色はながめ良し!の写真
▲上からの眺めイイネ!

浄土寺

全国でも珍しい
寺の領域全部が国宝認定されている浄土寺

足利尊氏とのゆかりが強いんだけど
教科書でよく見る足利尊氏の肖像画は
このお寺の所有物なんだって!!!

今は○○の美術館にレンタルしてます~♫
なんて商売っ気が素晴らしい係員さんがいて
600円で非公開の本堂内を案内してくれる←商売上手

なかなか分りづらいお寺の歴史だけど
浄土寺のこのおじさんは説明が上手で
ポンポン・ポンポン・リズム良く説明してくれます

国内でも珍しい寺の領域すべてが国宝という浄土寺の写真
阿弥陀堂と国宝多宝塔
浄土寺の庭園
▲庭園その1
浄土寺の庭園の写真
▲庭園その2
浄土寺の客殿の写真
▲客殿

尊光寺付近:八幡神社 (穴場スポット)

Googleに出てこないオススメ神社

線路から見た八幡神社の写真
▲〒722-0045 広島県尾道市久保2丁目5−26

このお寺の魅力
とにかく住人との距離感が近い!

電車が来ない線路の上で解放的に感じる写真
▲線路と合体されている

歩道に出るためには線路通過が必須
電車が来ない間は
線路を独り占め出来ちゃうとんでもない開放感に包まれます☺

八幡神社の門をくぐった先に鳥居が見え、門と鳥居の間に一軒家が建ち並ぶ写真
▲八幡神社の門をくぐれば

門をくぐった先に見える鳥居
そして門と鳥居の間に・・・一軒家?

神社敷地内にお家が建っているなんて、
初めて見た光景
目の前に狛犬があるお家って
すごくない!??

待ってましたクロワッサン

八幡神社を後にしてまっすぐ歩いていると
何やらとってもバターの香ばしい甘い匂い♡

これ絶対美味しいでしょ!
と自分の嗅覚を頼りに歩いてみると・・・

正解!クロワッサン屋サンを発見☆彡

CASTLE ROCK

クロワッサンが激美味しいお店の写真
▲青と白のコントラストが可愛い外装

めちゃくちゃ狭い店内のため
一回に入店できる人数は2~3人のみ

前の組がお買い物をしている間にも
窓から店内を覗いて
ワクワク高まる☆彡

castle rock店内の写真
▲チャーミングでやんちゃな商品名が勢揃い

普通サイズよりも一回り大きいクロワッサンに食べ応え十分!
もうちょっと食べたい!!!
っていつも思う人にピッタリ♡

購入した「恋するショコラ」にはゴロッゴロ大粒チョコが包まれていたし
一口食べればすべての生地が壊れ落ちるほど
サックサク!

多種類買ってシェアして食べるのが正解☆彡

お洒落な店内の写真
▲おしゃんてぃーな店内

名古屋から出てきたご主人は気さくで
尾道三部作を見て尾道に恋したそう

商品名は
「ハート泥棒」
「ペパーミントの予感」などなど
海外の曲や映画からインスピレーションを貰っているんだって
商品説明の文章も
ストーリー性がGOOD☆彡

ご主人の顔とその商品のネーミングのギャップもお楽しみの一つ☺

定休日:月/火
平日   12時~19時
日/祝日 12時~17時

帰りの海沿いでの出逢い

浄土寺から駅に向かう海沿いに立ってた女性の像の写真
▲女性の像

この女性、海に背を向けて
指笛してる!
めっちゃかっこいーやん!!!

と興奮気味に走り寄っていたけど・・・

女性の像の写真
▲実際は頬杖ポーズでした。。

さいごに

事前知識がなくても
十分に楽しめた尾道

他にも尾道ラーメンや珈琲が人気なので
街散策の途中でゆっくりお茶するのも良いかも