やまがたCAMP in 大江町 Day 2+3

やまがたCAMP in 大江町 Day 2+3

「やまがたCAMP in 大江町 Day 1」では初日について書きました!
ここからは一気に最終日までの模様をお伝え(^^)♫

2日目

7:00 朝食準備

さばいたイワナを焼いている写真
▲さばいたイワナをやっとの思いで調理中☆彡
  • 「さっき収穫してきたばっかりのイワナを食べようね~!」
  • 「やったー☆彡」
  • 「えっ?自分でサバクノ・・・?(o△o;)」

っという会話が一通り終わって、いざ!やったるっ!と思ったけど、
勢いが良すぎてピッチピチすぎてさっ触れないですぅ。。。
両手でも抑えられない。。。

威勢がいいとはこのことかー!!というほど。

管理人さん助けてーーー!!!と女性陣からの声にも関わらず、

自分が食べるものは自分でやりましょーう!

とバッサリ切り捨てられ 「ごもっともです。。。」
とみんなでギャーギャーいいながら始まった2日目。

地元農家さんより頂いたミズやわらびも加えて美味しく頂きました♫

ミズとわらびの写真
▲ミズ(緑色)食べたことある?美味♡

だしとショウガ、シャキッシャキのミズ←ミミズじゃないよ。
イワナと山菜の天ぷら、わらび←すき♡を朝ご飯として頂き☆彡

ミズという山菜が美味しい!

ハイキングへ出発

さあ、ここからは宿泊先やまさぁーべの体験プログラムであるハイキングにいきます!

ハイキング入口晴天の写真
▲これでもかっていうほど晴天☆彡

普通に歩けば20分程の道を、周りをキョロキョロしながら散策

  • 「葉っぱ笛やってみる?」
  • 「こんな跡がある木の中にはリスがいるよー」
  • 「この葉っぱは〜この虫は〜」

とネイチャーガイドさんに教えてもらっているうちに1時間半も時間が経過!

熊もでるんだってー!
▲生い茂るこの森には、熊も出るんだって!

がばっ!と何やら捕獲の音がしたかと思えば、
「スズメバチ見たい?」って・・・(o△o;)
透明な容器に密閉捕獲されたスズメバチを至近距離で観察

「大丈夫大丈夫、1匹飛行中のスズメバチはめったに刺さないから」と説明されても、
容器の中でミツバチブンブン鳴ってて、
明らかに怒ってますやーーーん!!!

解放するときに刺されませんよーに!と祈るのみ。
やまさぁーべに到着すると、なにやら次の獲物を捕獲。
静かに寝ていた「コウモリ」を捕獲(o△o!)
まじまじと観察。。

コウモリの写真
▲まじまじとコウモリ見たことある?

さすがネイチャーガイドと名乗っているだけ、次元が違うたくましさに感動!
やまさぁーべの方々とお別れして、次に向かうのは。

アウトプットのお時間です

自然に癒された後はATERAキッチン2Fスペースに集合

ディスカッションお題はもちろん「大江町に関して気づいたところ」

みなさん出す出す、本音から称賛から今後の夢まで!
私たちのフィードバックで良ければ是非使ってくださーい!!
という感じでみんな一所懸命にお手伝い(^^)

ディナータイムだー!

その日の夕ご飯は、地元農家団体「OSINの会」の皆さんと豪勢なBBQ!
ここ大江町はTVドラマおしんの撮影場所でもある!←見たことないけど・・・)

その夜は、大山自然公園コテージ1棟を貸し切ってちゃっちゃと就寝!!
なんでですかって??

翌日朝5:00起きだからでーーーーす!!!涙

3日目

就農体験

そうです、農家さんの朝は早い!

  • 朝摘み
  • 朝ご飯作り
  • 椎茸狩り
  • スモモ収穫→スモモ焼酎作り
  • 外箱組み立て
  • JA見学
  • ぶどう狩り
朝ご飯を一緒に作っている写真
▲朝ご飯を一緒に作っている写真

正直、朝から何度時計を確認しても、
時刻が永遠に二桁にならず…
まだ。まだか。。。という気持ち大アリ。

そりゃあ、もちろん!
相当働いて、時計を確認したらまだ「9:00」だったときの瞬間は
カタマリマシタ☺

でも都会じゃ食べているものが、どうやって実をつけて収穫されて…
を知る機会がなかなか無かったのでとっても刺激的。
感謝感謝でその場を後に。

締めのオリエンテーション

役場にてプログラム締めのオリエンテーション。
一人ひとり感想を述べて30分程で終了。

山形駅まで車で送って頂き15:46分発 山形新幹線乗車
これをもってプログラムは終了となりました!

新幹線

絶対に移住をしてください!!!!
というようなプログラムではなく、
大江町を知ってください。気に入ったらまた来てください。
その時は私たちにも連絡くださいね。
ということを目標に実施しているプログラムです。

肩の力を緩めて、気軽に参加してみると思いがけない経験が得られますよ!\(^^)/