バレンシアで食べてみて欲しい地元のもの5選

バレンシアで食べてみて欲しい地元のもの5選

海外でその土地の人の暮らしを感じ取るのも、海外旅行の醍醐味の一つ!
今回は、スペイン・特にバレンシアに来たら試して欲しい!
と思うものをご紹介します☺︎

スペイン・バレンシアで有名なもの

No.1 パエリア

バレンシア発祥として有名なお米料理パエリア!
多くの観光客が食べているNo.1プレートですね。

本場のパエリアのお肉は鶏肉ではありません。
実は、
ウサギなんです!ギョエー!

食べるまではウェッと抵抗がありましたが
ジューシーな鶏肉のような食感でしょうか。
すぐに慣れますのでご安心を。

バレンシア人に言わせると、
観光客はベジタブルとシーフードのハーフ&ハーフをよくオーダーするとのこと。
バレンシアではシーフードパエリアよりも
Valenciana(ウサギ)パエリアをオーダーするのがバレンシア人流!

さらにマメ知識

パエリアはお昼に大勢でワイワイしながら食べるのが主流なので
ディナーにパエリアを食べる習慣は全くありません。
しかし、観光地ではディナーでもパエリアをオーダーできます☺︎

ちなみにパエリア発祥のEl Palmarという街は
中心街から25番バスで1時間ほど
街中に老舗のパエリアレストランが立ち並びます。

No.2 バレンシアの水

Agua de Valencia (バレンシアの水)というカクテル
ウォッカとジンをベースにしてオレンジジュースを加えたカクテルです。

バレンシアのどこでもAgua de Valencia!と書かれている
看板が出ています。

なんだろうと思ってオーダーしてみると、
なんとアルコールだった!となることでしょう☺︎

味はオレンジジュースなので
余裕で飲み続けていられる→酔いに気づいた時には大惨事
になりやすいのでお気を付けて。。

バレンシアのカクテルとして有名なAgua de Valenciaの写真。ワイングラスのようなカップにオレンジジュース色のアルコール。カップの縁にはオレンジの一切れが刺さっている。

No.3 チュロスとホットチョコレート

3月のバレンシアを代表するLas Fallas(火祭り)のシーズンになると
スペイン全土からチュロスの出店しに集まってくるほど
スペイン+お祭り=チュロス

揚げたてのチュロスをどろっとしたホットチョコレートに絡めて食べるのがGOOD
程よく塩味の効いたホットチョコレートとの相性をお楽しみください☺︎

中心街のメルカドセントラル(Mercat Central de València)の出口階段降りて
左側にある出店のチュロス屋は
チュロスとホットチョコレートで5ユーロほど。
味も美味しいです♫

スペインで人気のチュロスの写真。バレンシアでも揚げたてのチュロスにホットチョコレートをつけながら食べるのが主流です。

No.4 コーヒーとワイン

スペインではコーヒーやワインが格安
レストランでお冷は出てこないので飲み物はオーダーしないといけません。

お酒が飲める方はハウスワイン(Vino de Casa)を
苦手な方はよくカフェラテ(Cafe con leche)をよくオーダーします。

2.5ユーロ(300円)ほどでオーダーできますよ☺︎

カフェラテの写真。小さなカップで1.6ユーロ(200円)くらい。小さいサイズが嬉しい!
テイクアウト:カップ一杯程度の量で200円ほど。小さなサイズが嬉しい。

ちなみに

スペインはワイン産地としても有名で
隣のイタリアと競い合うほど美味しいワインの種類が豊富!
スーパーでは格安で選びきれないほどの種類のワインが並んでいます。
ちなみにオリーブオイルも味が濃くて劇的に美味しいですよ!

No.5 スーパーConsumeのフランスパン

フランスパンよりも柔らかく、形が似ているパンの写真。バレンシア発祥のスーパーコンスームで購入が可能。

バレンシア発祥のスーパーConsume
バレンシア内を中心にお店があり、後はその近辺の州に少しだけ展開している。
という生粋のバレンシアスーパーなので
他のスペイン全土に拡大しているスーパーと比べて
よりバレンシアのものが手に入りやすいです。

そこで一番ハマったものがこのパン

スペインのスーパー内には自家製パンを焼いているスーパーがほとんど。
ベーカリーコーナーが必ずと言って良いほどあります。

THE基本的なパン
クラシックスタイル

と言われているConsumeの Barra De Pan が美味しい!
店舗により味に若干違いはありますが、
それでも他店と比べると風味が異なりとってもお気に入りです。

トーストしてももちろん
そのまんま+スペイン産オリーブオイルやココナッツオイルをブッカけてお召し上がりを!!!
一本食べ切るのになんの苦労もいらないほど
ペロリと食べ終わってしまいます。

旅先で自炊をしたくなったら
このパンがオススメ。
バレンシア内ならConsumeはどこでも見つけられます☺︎

まとめ

マドリードやバルセロナは有名な観光地ですが、
それに次ぐ、第3の大きな州バレンシア
もしかしたらバレンシアの方がスペイン人らしい暮らしぶりが体験しやすいかもしれません。

ご紹介したバレンシアならではのもの。
是非お試しあれー!