バレンシアを代表する火祭りのNinotってなに?

バレンシアを代表する火祭りのNinotってなに?

スペイン バレンシアを代表する火祭りファヤスでは
お祭り最終日に巨大人形たちを燃やします!

このページでは、特別に入れてもらえたNinotの製作現場についてと、
燃やされるNinotを一体だけ救済する方法を簡単にご紹介します☺︎

火祭りファヤスの象徴的人形Ninot

Ninotの製作現場

Ninot(二ノット)はバレンシア中心街をメインに、
いろいろな街角に配置される巨大人形たち。
大体ファヤスの本番1週間ほど前に路上で鑑賞することができますよ☺︎

Ninotは木材、もしくは発泡スチロールを主な材料として作られます。
それを丁寧に成形し、色付けしています。

バレンシアで代々継がれている職人さんが1年かけて作り上げ、
細かい作業が得意とされる女性の職人さんも年々増えているみたいです。

Ninotの製作現場

様々なツールが揃っていて、小さな倉庫のような空間は多彩な色で溢れていますね☺︎

Ninotの製作現場

あなたの一票で一体を救える

全てのNinotは火祭り最終日に完全焼却されますが、
その中でも燃やされずにNinot美術館にて展示される一体を投票することができます。

このイベント(入場料3ユーロ)ではほとんどのNinotが集結し、イベント終了後はそれぞれバレンシア市内へと配置されます。
退場時に自分のお気に入りのNinotの番号を申告するので、
覚えておいてくださいね☺︎

お気に入りのNinotへ投票するイベントの模様

そのイベント開催地は前回の記事でも取り上げたLas Artesです。

お気に入りのNinotへ投票するイベント会場

Ninot美術館

救済されたNinotが展示される美術館内の写真

救済されたNinotはここ、Ninot美術館にて展示をされます。
ここでは昔からのNinotを鑑賞することができますよ♫

歴史とともに少しずつ系統や大きさが変わってくる様子を観察できます☺︎
ちなみにLas Artesより徒歩15分程の距離です。

最後に

立派なNinotを燃やすのはもったいない気もするんだけど、
また次の一年頑張ろうっていうエネルギーになるとのこと☺︎
高く積み重ねられたNinotたちが巨大な炎を立てながら燃えていく姿は
勇しくもあり、きっと何かを考えさせられる経験になることでしょう。

バレンシアに来たら、是非火祭りファヤスへの参加。
そしてNinot鑑賞をお楽しみください☺︎